メニュー

お知らせ/スタッフBlog - 横浜市をはじめとした神奈川県の葬儀・葬式は安心・低価格の葬儀社|神奈川相談センター 戸塚区民葬祭

横浜市をはじめとした神奈川県の葬儀・葬式は安心・低価格の葬儀社|神奈川相談センター 戸塚区民葬祭

0120-978-724 365日24時間受付

お知らせ/スタッフBlog

家族葬・横浜

カテゴリ: スタッフBlog 作成日:2018年10月20日(土)
戸塚区民葬祭(0120-978-724)では家族葬にも対応いたしております。最近では近親者のみで行いたい、会社や近所の人には言わずに家族だけで行いたい、などと家族葬をご希望されるご家族が増えております。
よくいただく質問の中に、「家族葬にしたいんですけど、何人まで呼んでいいですか?」「家族葬だけど、仲の良い友人を数人呼びたいのですがいいですか?」などと家族葬だから・・・と形式を気にされる方が多くいらっしゃいます。戸塚区民葬祭では形式にとらわれない、ご家族の希望に沿った葬儀・お葬式のお手伝いをさせていただきます。家族葬であっても人数の制限もなく、友人をお招きいただいてもかまいません。家族葬という言葉にしばられることなく、ご満足いただける葬儀・お葬式の提案をさせていただきます。お気軽にご相談ください

横浜家族葬

カテゴリ: スタッフBlog 作成日:2018年10月19日(金)

 

横浜家族葬

 

横浜市でのお葬式・葬儀を行う場合、多くのご家族様が負担を抑えた家族葬をご希望、ご検討されています。

戸塚区民葬祭(0120-978-724)では、横浜市の市営斎場(北部斎場・南部斎場・戸塚斎場・久保山斎場)を使用することでご負担を抑えたお葬式・葬儀を行っています。火葬のみのシンプルな直葬プラン、告別式のみを行う一日葬プラン、通夜・告別式を行う一般葬プランとご家族のご希望・予算に合わせたプランのご提案が可能です。事前相談も無料にて行っておりますので、戸塚区民葬祭(0120-978-724)までお気軽にご連絡ください。

死亡診断書と死亡届

カテゴリ: スタッフBlog 作成日:2018年08月10日(金)

死亡診断書と死亡届についてです。

 

死亡診断書とは「死亡の事実を証明する書類」です。

死亡診断書と死亡届はA3の用紙にセットになっています。

右側が死亡診断書

左側が死亡届となります。

死亡診断書は医師が記入します。

死亡時刻・死亡場所・死亡事由などが記され、医師の署名がされます。

医師により死亡が確認されると、この死亡診断書が記入され渡されます。

 

死亡届のほうには必要事項を記入する空欄があるので家族が記入します。

記入を終えたら、原本を役所に提出します。

死亡した事実を知った日から7日以内に役所に届けなければならないという規則があります。

この書類は保険金や遺族年金などの請求時に提出が必要になるため、あらかじめコピーをとっておくといいと思います。

死亡届の役所への提出・コピーは葬儀社が行ってくれることが多いです。

私たち戸塚区民葬祭でもお忙しいご遺族にかわり、役所手続きの代行、死亡届のコピー10部をお渡ししています。

死亡届の記入の仕方などもアドバイスできますので、ご安心ください。

 

ご遺族の負担を少しでも軽減できるよう、お手伝いさせていただきます。

事前相談も無料にて承っております。

お気軽にご連絡ください。

 

神奈川相談センター

戸塚区民葬祭

フリーダイヤル 0120-978-724

24時間365日対応いたします。

 

死亡後の手続き 健康保険 その2

カテゴリ: スタッフBlog 作成日:2018年08月06日(月)

前回は健康保険で埋葬料をもらう手続きのお話でした。

今回は国民健康保険から葬祭費をもらう手続きについてです。

 

国民健康保険に加入していた本人(被保険者)や扶養家族が死亡した場合、葬儀を執り行った人に対し「葬祭費」として一定の金額が支給されます。

 

もらえる金額については市区町村によって異なります。(3~7万円程度)

この支給も申告制となっています。

所定の書類を提出して申請します。

申請は喪主が、それにふさわしい近親者であれば可能です。

 

【用意するもの】

①国民健康保険証

②葬儀費用の領収書、会葬礼状など

③印鑑(喪主のもの)

④銀行振込の場合もあるため、口座番号がわかるもの

 

【申請可能期間】

死亡した日から2年以内

 

埋葬料と同様に葬祭費も申告制です。

忘れずに申請して支給をもらさないように早めの手続きをお勧めしています。

 

戸塚区民葬祭では葬儀はもちろん、アフターフォローも大切に考えています。

大切な人を亡くされ、悲しみに浸る余裕もなく葬儀が行われ、その後は生活のための基盤を作る、あるいは仕事に戻るなど、ご遺族はとても忙しく過ごされています。

そのため、葬儀後に体調を崩されたり、煩雑な事務手続きに悩まされたりと、葬儀後に起こる問題も多くあります。そんなときに頼れる葬儀社でありたいと思っています。

ご遺族から困っていると連絡をもらう前に、こちらから提案したり、アドバイスができたりと、先回りができるよう、日々努力していきたいと思います。

 

葬儀、葬儀後のことは何でもご相談ください。

事前相談も無料にて承っております。

 

神奈川相談センター 戸塚区民葬祭

フリーダイヤル 0120-978-724

24時間365日お気軽にお電話ください。

 

faq bg

死亡後の手続き  健康保険  その1

カテゴリ: スタッフBlog 作成日:2018年08月05日(日)

ご遺族の方より、よく質問がある、死亡後の手続きについて。

本日は健康保険について書いていきます。

 

皆様が加入されている国民健康保険は、被保険者や被扶養者が亡くなったとき、市町村役場の窓口、健康保険は事業主を通じてすみやかい保険証の返却、または変更の手続きを行います。

 

被保険者が亡くなったときは、埋葬を行う人に埋葬料または埋葬費が支給されます。

【埋葬料】

被保険者が死亡したときは、埋葬を行った家族に5万円の埋葬料が支給されます。

【埋葬費】

死亡した被保険者に家族がいないときは、埋葬を行った人に上限5万円で埋葬にかかった費用が埋葬費として支給されます。

 

※手続きは申告制!!

埋葬料の受け取りの手続きは申告制です。

年金事務所または勤務先が加入している健康保険組合に、所定の書類を提出して申請します。

申請期間は亡くなった日から2年以内です。

 

申請する人は、実際に葬儀を行った人、または近親者です。

 

【用意するもの】

①健康保険証

②埋葬許可証か死亡診断書のコピー

③印鑑

④振込先口座番号

⑤葬儀費用の領収書(遺族以外が申請する場合)

 

【期限】

死亡した日から2年以内に手続きを行わないと支給されません。

申請書類が完備していれば、指定振込先口座に2~3週間で振り込まれます。

 

以上、健康保険から埋葬料をもらう手続きでした。

用意するものの中にある、死亡診断書のコピーは私たち戸塚区民葬祭では10部コピーしてご家族にお渡しするようにしています。

その他の手続きでも必要になることが多いので、余分にコピーを取っておくことをお勧めします。

コピーがない場合は、役所にてコピーをもらうこともできます。(この場合は有料です)

 

私たち戸塚区民葬祭では、死亡後の手続きのご案内も行っております。

煩雑な手続きも多いため、お気軽にご相談ください。

葬儀後もご家族の負担が少しでも軽くなるよう、お手伝いできたらと考えております。

 

事前相談もお気軽にお電話ください。

 

神奈川相談センター 戸塚区民葬祭

フリーダイヤル 0120-978-724

24時間365日対応可能です。

concept bg

 

戸塚区民葬祭のウェブサイトをリニューアルいたしました。

カテゴリ: お知らせ 作成日:2018年07月30日(月)

戸塚区民葬祭のウェブサイトをリニューアルしました。

 

戸塚葬祭のウェブサイトをリニューアル

 

スタッフBlogを更新しました。

カテゴリ: スタッフBlog 作成日:2018年07月30日(月)

スタッフBlogを更新しました。

 

スタッフBlogを更新

 

事前相談された方は、
各葬儀のお値段から5千円引き

横浜市周辺の葬儀のことなら戸塚区民葬祭にお任せください。

24時間365日いつでもお電話ください。事前相談無料で承ります。

神奈川相談センター 戸塚区民葬祭 フリーダイヤル 0120978724 contactBox bt

戸塚区民葬祭では24時間、年中無休でご相談をお受けしております。 小さなことでもご相談ください。